ビザと在留資格は実は違います。その違いを説明しましょう。

2回目:ビザと在留資格って違うんです!

「今度就職するので、ビザを変更したいんですけど」、「外国人を採用するので、ビザを取りたいんですけど」。こんなことをよく言われます。でも、これって少し本当の意味とは違います。

 

ビザという言葉には、本来の意味でのビザと、在留資格をさす場合と2つの意味があります。では、ビザと在留資格はどのように違うのでしょうか。

 

そのためにはまず、在留資格について説明しなくてはなりません。

 

在留資格とは何か

 

移民政策を取り入れていない日本に外国人が住むためには、何か理由が必要になります。ただ日本が好きだとか、アニメやマンガが好きだからといった理由で日本に住むことはできません。

 

日本に住むためには「日本の会社に就職することになった」とか「日本人と結婚して日本に住むことになった」、あるいは「お父さんが日本で働いているので、一緒に日本に行くことになった」といった理由が必要になるのです。

 

その「日本に住むための理由 = 目的」を類型化して、日本に住むことのできる資格にしたのが在留資格です。

 

在留資格の種類についてはこちらをご覧ください。

 

日本に住む外国人は、かならずこれらのうち1つの在留資格を持っていなくてはなりません。また外国人は、その人の在留資格が記載された在留カードを常に携帯していなくてはなりません。

 

したがって、外国人を雇用する経営者は、その外国人を雇用する前に、在留カードの提示を求め、現在の在留資格で自社の仕事ができるかどうかを確認しなくてはなりません。在留資格には、その種類によって、できる仕事とできない仕事があるのです。

 

ビザ(査証)とはなにか

 

では、ビザとは何でしょうか。これは日本語では査証といいます。査証は海外にある日本の大使館や領事館(これらを合わせて在外公館といいます。)が発行するもので、管轄は外務省になります。日本の中で外国人の入国を管理しているのは法務省とその下部組織である入国管理局なので、査証というのは、外務省が法務省へ向けて「この外国人の入国を認めてあげてください」という推薦状のようなものになります。

 

査証はあくまでも推薦状にすぎないので、査証さえ持っていれば確実に日本に入国できるとは限らず、入国時には空港や港で入国審査を受ける必要があり、場合によっては入国を拒否されることもあります。

 

 

上記のように、ビザと在留資格は異なるものですので、このホームページでは混乱を避けるために、ビザという用語は本来の意味でのビザの場合に使い、在留資格については在留資格という言葉で表現するものとします。

 

 

 

葛飾ビザ・在留資格・渉外戸籍研究会にようこそ!
葛飾ビザ・在留資格・渉外戸籍研究会は、東京都葛飾区の行政書士 金町事務所が運営するホームページです。当事務所では、東京都、千葉県、埼玉県にお住いの外国人の方や外国人を雇用しようとされている企業の方のために、外国人の雇用・採用、ビザ・在留資格、帰化許可申請、国際結婚・離婚、国際養子縁組、国際相続、外国人の起業や会社設立、開店などについての情報をご提供させていただいております。

トップページ 行政書士のビザ関連サービス サービスメニュー 報酬一覧 お問い合せ