ビザ・在留資格の取得、変更、更新、そして永住許可の取得をサポートします。

ビザ・在留資格の分類

働くことのできる在留資格・在留ビザ

 

日本に入国(上陸)する外国人は、27種類の在留資格のうちのどれか1つを与えられて日本に在留することになります。

 

日本に在留する外国人は、原則として次ような場合に在留資格が決定され、その在留資格をもって在留することとされています。

  1. 上陸手続きを行い、上陸許可を得た場合
  2. 出生又は日本国籍の離脱等により60日を超えて在留することになり、在留資格の取得の許可を受けた場合
  3. 他の在留資格から在留資格の変更の許可を受けた場合

 

在留資格 Visas

職業の例 Examples

在留期間 The period of residence

外交

外交官、領事官、国家元首、閣僚やその家族 外交活動の期間

公用

外国政府や国際機関等から派遣される者やその家族 5年、3年、1年、3月、30日又は15日

教授

大学の学長、教授、助教授 5年、3年、1年又は3月

芸術

作曲家、画家、著述家、演劇などの芸術家 5年、3年、1年又は3月

宗教

司祭、宣教師、伝道師、牧師、僧侶など 5年、3年、1年又は3月

報道

新聞記者、ルポライター、報道カメラマン 5年、3年、1年又は3月

投資・経営

会社経営者・管理者(社長、取締役、工場長、支店長) 5年、3年、1年又は3月

法律・会計業務

弁護士・公認会計士・行政書士

5年、3年、1年又は3月

医療

医師、歯科医師、看護師、保健師、薬剤師など

5年、3年、1年又は3月

研究

政府関係機関や民間会社などでの研究職 5年、3年、1年又は3月

教育

小・中・高等学校や養護学校などの語学教師 5年、3年、1年又は3月

技術

機械工学等の技術者 5年、3年、1年又は3月

人文知識・国際業務

貿易、翻訳・通訳、デザイナー、広告宣伝要員など 5年、3年、1年又は3月

企業内転勤

外国の事業所からの転勤者 5年、3年、1年又は3月

興行

俳優、歌手、ダンサー、プロスポーツ選手等 3年、1年、6月、3月又は15日

技能

コック、宝石職人、動物調教、パイロット、ソムリエ 5年、3年、1年又は3月

技能実習

技能実習生 1年又は6月

 

働くことのできない在留資格・在留ビザ

 

在留資格 Visas

職業の例 Examples

在留期間 The period of residence

文化活動

柔道、弓道、生け花、お茶などの修得 3年、1年、6月又は3月

短期滞在

観光客、親族・知人訪問、視察、会議への出席 90日、30日又は15日

留学

大学、短大学、高等専門学校、専修学校などのの学生、聴講生、研究生 4年3月、4年、3年3月、3年、2年3月、2年、1年3月、1年、6月又は3月

研修

技術、技能、知識などを修得するための研修生 1年、6月又は3月

家族滞在

就労外国人が扶養する配偶者・子 5年、4年3月、4年、3年3月、3年、2年3月、2年、1年3月、1年、6月又は3月

 

個別に許可内容が決定される在留資格

 

在留資格 Visas

職業の例 Examples

在留期間 The period of residence

特定活動

特定研究活動者・特定情報処理活動者
外交官等の家事使用人
ワーキング・ホリデー
アマチュアスポーツ選手

5年、4年、3年、1年、6月又は3月あるいは5年を超えない範囲で法務大臣が個々に指定する期間

 

就労制限のない在留資格・身分系ビザ

 

在留資格 Visas

職業の例 Examples

在留期間 The period of residence

永住者

法務大臣から永住の許可された者 無期限

日本人の配偶者等

日本人の配偶者・子・特別養子 5年、3年、1年又は6月

永住者の配偶者等

永住者・特別永住者の配偶者及び日本で出生し引き続き在留している子 5年、3年、1年又は6月

定住者

ミャンマー難民、日系3世、日本人の実子扶養をする外国人など 5年、3年、1年又は6月、あるいは5年を超えない範囲内で法務大臣が個々の外国人について指定する期間 

 

記事一覧

「経営・管理」ビザ

最近は、日本で起業する外国人がどんどん増えています。海外から進出してくる方も、日本でサラリーマンとして数年はたらいた後に起業する方もいます。日本で会社を作って経営するためのビザは「経営・管理」ビザになります。2015年の法改正により、従来の「投資・経営」ビザよりも、比較的取得しやすくなったのも魅力で...

≫続きを読む

「技術」ビザ

「技術」ビザの定義入管法によると「技術」ビザは以下のように定義されています。本邦の公私の機関との契約に基づいて行う理学、工学その他の自然科学の分野に属する技術又は知識を要する業務に従事する活動(一の表の教授の項の下欄に掲げる活動並びにこの表の投資・経営の項、医療の項から教育の項まで、企業内転勤の項及...

≫続きを読む

「人文知識・国際業務」ビザ

「人文知識・国際業務」ビザの定義入管法によると「人文知識・国際業務」ビザは以下のように定義されています。本邦の公私の機関との契約に基づいて行う法律学、経済学、社会学その他の人文科学の分野に属する知識を必要とする業務又は外国の文化に基盤を有する思考若しくは感受性を必要とする業務に従事する活動(一の表の...

≫続きを読む

「技能」ビザ

「技能」ビザの定義入管法によると「技能」ビザは以下のように定義されています。本邦の公私の機関との契約に基づいて行う産業上の特殊な分野に属する熟練した技能を要する業務に従事する活動「公私の機関」というのは、国や地方公共団体、独立行政法人、会社、公益法人、それに任意団体も含まれています。会社になります。...

≫続きを読む

「日本人の配偶者等」ビザ

「日本人の配偶者等」ビザの定義入管法によると「日本人の配偶者等」ビザは以下のように定義されています。 日本人の配偶者若しくは特別養子又は日本人の子として出生した者 日本人の配偶者日本人の配偶者とは現に婚姻している人を指し、死別した場合や離婚した場合はこれには含まれません。また婚姻は法律的に有効である...

≫続きを読む

「永住者」ビザ - 永住資格

「永住者」ビザの定義法務大臣が永住を認める者 法律上の定義は、ずいぶんとあっさりしたものです。わざわざ「法務大臣が認める」と記述しているところからおわかりいただけるように、永住を認めるかどうかは、あくまでも法務大臣の裁量であり、基準さえ満たしていれば、誰でも「永住者」ビザが許可されるわけではないとい...

≫続きを読む

永住者のビザを取ろう!

日本に在留している外国人の方にとって、ひとつの目標となるのが「永住者」ビザであると思います。入国管理局の手続のお手伝いをしている申請取次行政書士という立場でこんなことを言うのもおかしいと思いますが、1年、2年、3年ごとに、ビザの更新をしなければならないなんて、とても面倒だと思いますし、場合によっては...

≫続きを読む

葛飾ビザ・在留資格・渉外戸籍研究会にようこそ!
葛飾ビザ・在留資格・渉外戸籍研究会は、東京都葛飾区の行政書士 金町事務所が運営するホームページです。当事務所では、東京都、千葉県、埼玉県にお住いの外国人の方や外国人を雇用しようとされている企業の方のために、外国人の雇用・採用、ビザ・在留資格、帰化許可申請、国際結婚・離婚、国際養子縁組、国際相続、外国人の起業や会社設立、開店などについての情報をご提供させていただいております。

トップページ 行政書士のビザ関連サービス サービスメニュー 報酬一覧 お問い合せ