ビザ・在留資格の取得、変更、更新、そして永住許可の取得をサポートします。

在留資格取得許可申請 Permission to Acquire Status of Residence

日本に入国しようとする外国人は在留資格を取得して入国(上陸)することとされていますが、外国人となったときにすでに日本に入国している人たちも存在します。たとえば、以下のような人たちです。

  • 日本で出生した外国人の子供
  • 日本国籍を離脱して外国人になった人
  • その他の理由で上陸の手続きをしないで日本に住むことになった人

 

こうした人たちは在留資格を持っていませんが、個々の事情により日本に住み続ける必要がある場合は、出生や国籍離脱から30日以内に在留資格の取得を申請しなくてはなりません。

 

日本で出生した外国人の子供のケース

 

何らかの在留資格で日本に在留している外国人に子供が生まれた場合、両親とも外国人であれば日本国籍を得られないことになるので、以下のような手続きが必要となります。

  1. 出生した日から14日以内に所在地の市区町村に出生の届出を提出します。この届出には、医師や助産婦などの出生証明書が必要です。
  2. 子供の国籍の属する国(父親か母親の国籍のある国)の駐日大使館か領事館に出生の届出をし、旅券(パスポート)を発給してもらいます。
  3. 出生後30日以内に、地方入国管理局。支局・出張所に、在留資格取得許可申請を行います。

 

在留資格取得許可申請の提出書類

 

在留資格取得許可申請には、以下の書類が必要です。

  1. 両親のパスポートと両親の在留カード
  2. 在留資格取得許可申請書
  3. 出生したことを証明する文書(医師・助産婦の出生証明書、出生届出受理証明書、母子手帳等)

 

許可になるとパスポートに在留資格取得許可の証印が押されます。パスポートを所持しない場合は在留資格証明書が発給され、これに在留資格取得許可の証印が押されます。また中長期在留者に該当する人には在留カードが交付されます。

葛飾ビザ・在留資格・渉外戸籍研究会にようこそ!
葛飾ビザ・在留資格・渉外戸籍研究会は、東京都葛飾区の行政書士 金町事務所が運営するホームページです。当事務所では、東京都、千葉県、埼玉県にお住いの外国人の方や外国人を雇用しようとされている企業の方のために、外国人の雇用・採用、ビザ・在留資格、帰化許可申請、国際結婚・離婚、国際養子縁組、国際相続、外国人の起業や会社設立、開店などについての情報をご提供させていただいております。

トップページ 行政書士のビザ関連サービス サービスメニュー 報酬一覧 お問い合せ