ビザ・在留資格の取得、変更、更新、そして永住許可の取得をサポートします。

再入国許可申請 Re-Entry Permit

外国人には、出国の事由が保障されているので、日本からの出国については、入国審査官からの出国の確認(つまりパスポートに証印を押すこと)以外に、特別な手続きは必要とされません。

 

外国人が日本から出国してしまうと、日本との関係はそこで終了ということになり、それまで与えられていた在留資格も消滅してしまいます。

 

しかし、中長期で日本に在留している外国人でも、プライベートや仕事で一時的に自分の国に戻ることもあるでしょうし、海外旅行をすることもあるでしょう。その度に、在留資格を失って、新たに査証(ビザ)を受けなければならないとなれば、実務上、大混乱になります。

 

そこで、出国前にあらかじめ再入国許可を取りつけた場合には、再び入国するときには査証を必要とせずに、出国前の在留期間が継続する(つまり出国中も在留期間は継続する)ような制度が定められています。これが再入国許可制度です。

 

再入国許可申請の手続き

 

再入国許可の申請は、地方入国管理局、支局、出張所に以下の書類を提出して行います。

  • 再入国許可申請書
  • パスポート及び在留カードまたは特別永住者証明書

 

再入国許可は、パスポートに再入国許可の証印を押して行われることになります。

 

再入国許可の有効期間は、残りの在留期間までか、最大で5年となります。また、再入国許可は1回限り有効なものと、再入国許可有効期間内であれば何回でも再入国できるもの(数次再入国許可)とがあります。数次再入国許可は、本人の申請に基づき法務大臣が相当と認めるときに限られます。

 

もし有効期間内に再入国しない場合には、それまでの在留資格は消滅し、新たに査証(ビザ)の発給を受けて入国しなくてはなりません。

 

ただし「永住者」については、病気等その他の理由で再入国期間内に再入国ができな事情がある場合には、最寄りの日本国領事館などに再入国許可の有効期間の延長を申請することができます。

 

みなし再入国許可

 

みなし再入国許可は、平成21年の法改正により新たに加えられた制度です。

 

これは、日本に在留資格を持って在留している外国人で有効なパスポートを持っている者が、出国の際に、入国審査官に対し、再び入国する意図のあることを告げて出国する場合には、再入国の許可を受けたものとになすというものです。

 

このみなし入国によって再入国できる有効期間は1年(残りの在留期間が1年未満の場合はその残りの期間)となります。

葛飾ビザ・在留資格・渉外戸籍研究会にようこそ!
葛飾ビザ・在留資格・渉外戸籍研究会は、東京都葛飾区の行政書士 金町事務所が運営するホームページです。当事務所では、東京都、千葉県、埼玉県にお住いの外国人の方や外国人を雇用しようとされている企業の方のために、外国人の雇用・採用、ビザ・在留資格、帰化許可申請、国際結婚・離婚、国際養子縁組、国際相続、外国人の起業や会社設立、開店などについての情報をご提供させていただいております。

トップページ 行政書士のビザ関連サービス サービスメニュー 報酬一覧 お問い合せ