ビザ・在留資格の取得、変更、更新、そして永住許可の取得をサポートします。

資格外活動許可申請 Permission to Engage in Activity other than that Permitted

資格外活動とは?

 

日本に在留する外国人は、その外国人の在留目的に応じて許可された在留資格をもって在留することとされています。したがって、その外国人の活動は、許可された在留資格で認められている範囲に限定されることになります。したがって、その範囲を逸脱した事業を行ったり、報酬を得る活動を行うことはできません。

 

一方、入管法では、在留資格で定められた活動以外の全ての活動を一切禁じているわけではなく、資格外活動許可という制度を設けることで、臨時的かつ副次的に在留資格外の活動をすることも認めています。

 

ただし資格外の活動は、資格外の活動をすることで本来の在留活動が妨げられないこと、臨時的に行おうとする活動が適当と認められること(要は風俗などはダメということ)が条件となっています。

 

包括的許可と個別指定許可

 

資格外活動には、「包括的許可」と「個別指定許可」の2種類があります。

 

包括的許可
1週間につき28時間以内(「留学」の場合で夏休み等の時は1日に8時間以内)の収入を伴う事業を運営する活動または報酬を受ける活動。つまり、学生のアルバイトのように、空いている時間に好きなところで働いていいよということです。ただし、風俗等は除きます。

 

個別指定許可
包括的許可のほか、地方入国管理局長が資格外活動の許可にかかる活動を行う日本の公私の機関を特定して、業務内容その他の事項を定めてここに指定する活動。たとえば、「よく通訳を頼まれるので、報酬をもらってやりたい」などというのはこちらになります。

葛飾ビザ・在留資格・渉外戸籍研究会にようこそ!
葛飾ビザ・在留資格・渉外戸籍研究会は、東京都葛飾区の行政書士 金町事務所が運営するホームページです。当事務所では、東京都、千葉県、埼玉県にお住いの外国人の方や外国人を雇用しようとされている企業の方のために、外国人の雇用・採用、ビザ・在留資格、帰化許可申請、国際結婚・離婚、国際養子縁組、国際相続、外国人の起業や会社設立、開店などについての情報をご提供させていただいております。

トップページ 行政書士のビザ関連サービス サービスメニュー 報酬一覧 お問い合せ