ビザ・在留資格の取得、変更、更新、そして永住許可の取得をサポートします。

就労資格証明書交付申請 Certificate of Authorized Employment

「就労資格証明書」とは、法務大臣が日本に在留する外国人から申請があったときに、その者が「収入を伴う事業を運営する活動」または「報酬を受ける活動」を行うことができることを証明する文書です。

 

就労資格証明書の目的

  • 雇用主が誤って就労することのできない外国人を雇用しないようにするため
  • 就労することのできる外国人が就労することができることを証明するため

 

今では在留カードに在留資格と在留期間、在留期間の満了日が記載されているので、この終了資格証明書の役割は低下していますが、以下のようなケースでは活用することができます。

 

転職した時に就労資格証明書を取得する

 

何かの在留資格で日本に在留している外国人が、在留期間の途中で転職すると、次の更新の際に不許可になるケースがあります。また不許可にならないにせよ、更新の手続きが面倒で入国(上陸)のときと同じくらいの資料を提出しなくてはならなくなります。

 

このような面倒を避けるためには、転職をした際に就労資格証明書の交付申請を行います。在留期間が残っているうちにこの証明書を得ておくことで、よほどのことがない限り次の更新が不許可になることはありません。

葛飾ビザ・在留資格・渉外戸籍研究会にようこそ!
葛飾ビザ・在留資格・渉外戸籍研究会は、東京都葛飾区の行政書士 金町事務所が運営するホームページです。当事務所では、東京都、千葉県、埼玉県にお住いの外国人の方や外国人を雇用しようとされている企業の方のために、外国人の雇用・採用、ビザ・在留資格、帰化許可申請、国際結婚・離婚、国際養子縁組、国際相続、外国人の起業や会社設立、開店などについての情報をご提供させていただいております。

トップページ 行政書士のビザ関連サービス サービスメニュー 報酬一覧 お問い合せ